文章リハビリ

この世はクソファッキン  だけどこの世はAll you need is love. (映画と本と音楽の感想と雑記のブログ)

Travel Agency/シャムキャッツ(2017)

5月16日、シャムキャッツのニューアルバム『Friends Again』から、トレーラーでも使用されていた楽曲『Travel Agency』のリリックビデオが公開された。旅行代理店ですかい。公開されて以来何度も聴いているのだが、いやぁ・・・こいつは良い。


シャムキャッツ - Travel Agency (Lyric Video)

何度でも聴いていられる。初めて聴いたときは、もうひと盛り上がり合ってもいいんじゃないか、と思ったが。何度か聴いている内に「これで良い!」と感じるようになった。「ビートルズやラーズみたいに、アコギでもロックアルバム作ってるから」という夏目君の言葉通り、爽やかながら力強いアコギのストローク。中盤のティーン・エイジ・ファンクラブっぽさを感じる(私は感じた)エレキギター、相変わらずの人懐っこいメロディ。歌詞も夏目節炸裂で、出かけたくなる。出不精な私も。

いつかは知っていた 石ころの重みさえも
君は忘れてるだろう 実は僕もなんだけど

こんな、なんだかハッとするラインもありますね。いつか知っていた、大切だったっぽいことを忘れてしまう。それを「君は忘れてるだろう?」から入って、「実は僕も」っていうのが良いなぁ。あとは、

恋人に触れるように  暗闇へ手を伸ばせ

ここなんてのは、夏目君はいつかのインタビューで「比喩をするときは『~のように』は今は封印して、風景に託してる」みたいなことを言ってましたが、復活か。


そしてまた映像も良いですね。計算し尽くされてるのかもしれないけど、何でもないような、でも愛おしく感じる風景が続く。ロケハンしたスタッフを称賛ほかしかありません。ちょっとね。これはね。街歩きしなきゃなりません。街歩き。ちなみにビデオサイズは最近流行りなのかわからないが、スマホに合わせた縦使用。これについては特に思うところはないのだが。でも本当に風景が良い。トレーラーの映像、全て大好きだ。『Friends Again』楽しみでたまらない。汗かきの私は夏が近づくと憂鬱になるし、梅雨なんて嫌いというより苦手で仕方ないのだが、このアルバムのおかげでちったぁマシな気分で過ごせそうですよ。

日記(2017年5月19日)

花金だというのに、優雅さは全くない。残業をして帰宅した。こんな日記が続いて良いのだろうか。残業中はsoundcloudでひたすらにシャムキャッツの『忘れていたのさ』『FOOTLOOSE』を聴いていた。ひとまずは明日からの休みに思いを馳せている。明日は夜は野暮用があるので、昼間の内に部屋の掃除を軽く行い買い物にでも出ようかと思っている。いい歳して、母の日とか何もしてなかったな。と気づいたので、何かプレゼントでも買っておこう。次実家に帰るのがいつかわからないから、だいぶ遅ればせながらのプレゼントになりそうだけど。帰り道も『忘れていたのさ』『FOOTLOOSE』を聴いていた。しみじみと聴いていた。

帰宅後は、例によって発泡酒を飲みハンバーガーを食いながら『水曜どうでしょう』を観る。『東京ウォーカー』を観終わった。楽しいですね。しかし『忘れていたのさ』でも色々駅の名前が出てくるが、東京ってそれぞれの駅、それぞれの街にカラーがあって良いですね。実家は京都なんですけど、京都ってそういう感覚ない気がするんですよねぇ。隣町っていう感覚も未だにわからない。何か魅力的な響きなんですけど、「隣町」。今は大阪に住んでるけど、大阪も一つ一つの街のカラーってあんまり感じないなぁ。エリアっていう感じというか。上手く言えませんね。たまに仕事で本社に出向くときは東京なのだが、ほぼ聖蹟桜ヶ丘しか行ってねぇ。次回は東京散策と洒落込んでもいいかもなぁ。

ところでyoutubeで『Hi,how are you?』の映像をちょくちょく観ているのだが、こんなものを発見して喜んで聴いていた。ものすごく良い。素晴らしい。『夢見るようなくちびるに』、本当に良い曲だ。PVも好きだ。


曽我部恵一&hi, how are you? 夢見るようなくちびるに 

しかし聴いていると改めて、曽我部恵一は良い声だと思う。最初のサビで原田の声に曽我部恵一の声がかぶる辺りでしみじみと思った。

日記(2017年5月18日)

最近トンと更新が途絶えている当ブログであるが、はてなブログに移行したことからもわかるように、私はやる気満々である。ただ映画の感想、音楽の感想をまっとうに書く余裕もない日々が続いているので、今後はまず日記をつけることでリハビリを行いたい。なんかもうすっかり仕事が上手くいかず、やられている。これでは素敵じゃない。素敵な人生じゃない。というわけで、どういうわけか日記をつけようと思う。毎日はまあ、多分無理だが。できるだけ頑張ります。

さて記念すべき第一回だが、今日も今日とて残業をして家に帰った。私の最近の帰宅はわりと遅い。本日も家についたのは23時前。こうなると正直あれをしたこれをしたとかは書けない。まあそれはそれとして、夕方頃仕事場で休憩中にSaToAというバンドを知った。最近日本のバンドを聴くようになった。 
Trees / SaToA

なんとも素敵なガールズバンドである。個人的には「Oh I could hide~♪」と唄いだしてしまいそうなイントロの「Sprout」という曲が気に入ったのだが、その他の曲も良い。soundcloudで聴きました。残業中・帰り道ぼけーっと聴いていたら、CDが欲しくなってきた。

帰り道は最寄りの駅を出てすぐの「ジャンボ」でたこ焼きを買って食いながら帰った。やはりたこ焼きは良い。美味い。しかし私の人生で食べた最高のたこ焼きは、いつだったか伏見稲荷大社の出店で食ったやつだった。春休みに京都を訪れた従兄弟と行ったときだったなぁ。あれは本当に美味かった。
帰宅後いつもどおり安い発泡酒を飲みながら、しばしダラダラと過ごしてシャワーを浴びたあと「水曜どうでしょう」の「東京ウォーカー」を第3夜くらいまで観た。初日の夜にわりと真面目に大泉とミスターが疲れていて面白い。街をただ歩くことの魅力を改めて実感する。尾道に行きたい。2年ほど行ってないんじゃないか。

さて、こんな感じで明日へと向かう。明日もタフな1日になりそうだ・・。

シャムキャッツ

シャムキャッツにだだハマり中。

誰が抗えようか、彼らの魅力に

 

サマーハイを初めて聴いたのは2012年。
一昨年、AFTER HOURSにハマり、「あのサマーハイを書いたバンドは、こんなにも素敵なアルバムを作るようになっていたのか」と感動。そして今、年の瀬に今年の新譜「マイガール」を聴き壮絶に感動。こんなに曲が書ける、素敵な曲が書けるバンドっているんだなぁ・・・。
ライブ行きてぇ!

 

以上、生存報告を兼ねた記事アップでした。
本日仕事納めましたので休暇に入ります。明日から金沢行ってきます。男だけで。

 

ちなみに今更ですがFC2という企業が謎すぎて、ハテナブログへの移行を検討中。
→2017.04.21追記 移行しました。

密閉教室/法月綸太郎(1991)

IMG_7683.jpg

 

ただ私は貴方のことを同級生の一人としか考えていません。

本格ミステリの大名作を今更ながら読みました。 

 

毎度のことながらお久しぶりです。
なんとか一人で暮らしております。生き延びております。
帰宅すると即座にビール、主食はもやし入り焼きそばという青春とは程遠く孤独な日々を過ごす良い歳こいた男ですが、青春ミステリの代表作をようやく読みました。いやぁ・・・面白かったです。探偵がさながらピエロになってしまうような本作ですが、本格ミステリとしての魅力も青春小説としての切なさも兼ね備えた大名作だと思います。
そして、最後のコーダの解釈・・・。これはネットのレビュー記事を読んで気づいたというか知ったのですが、もう素晴らしいですね。最後のコーダ、そういうことだったのね。これは必殺ですわ。そこを踏まえると本文ラストの一行もなんとも言えぬ哀愁というか狂気というか・・・何かを感じますね。素晴らしい!

引っ越しました。

報告が遅くなりましたが、7月2日に引っ越しました。

京都府民から、大阪府民になりました。なんとか一人暮らしをこなしています。

洗濯が、というかアイロンがけがめんどくさいです。

主食は具皆無の焼きそばです。3玉ソース付88円です。

引っ越します。

引っ越します。

というか、引越し先が決まりました。いい歳こいて、初一人暮らしです。

7月頭の土日で動く予定です。主にお金のことで不安いっぱいですが、楽しんでいきたいと思います。

部屋にある大量のCDをどうしよう。引越し先に置くスペースを作れる気がしない。

大量の未読の漫画本は引っ越すまでに全力で読了することを決意しました。