文章リハビリ

この世はクソファッキン  だけどこの世はAll you need is love. (映画と本と音楽の感想と雑記のブログ)

音楽の感想

シャムキャッツ/umeda TRAD(2017.09.18)

ちょっと仕事が立て込むとたちどころにブログの更新が滞る。いかんなぁとは思いながら、久々にキーボードを叩いている。さて、シャムキャッツである。今日本で1番素晴らしいバンド、シャムキャッツのライブに行ってきた。新譜『Friends Again』を引っさげて…

Friends Again/シャムキャッツ(2017)

「なんとかぼちぼちやっていく」、というのは人生において大切なことだと思う。大切なこと、というか、みんなそうやって頑張っているんだろうなぁと思う。人生なんてそうそう上手くいくものでもないし、上手くいかないことの方が多い。それでも、「なんとか…

Travel Agency/シャムキャッツ(2017)

5月16日、シャムキャッツのニューアルバム『Friends Again』から、トレーラーでも使用されていた楽曲『Travel Agency』のリリックビデオが公開された。旅行代理店ですかい。公開されて以来何度も聴いているのだが、いやぁ・・・こいつは良い。 シャムキャッ…

シャムキャッツ

シャムキャッツにだだハマり中。 誰が抗えようか、彼らの魅力に サマーハイを初めて聴いたのは2012年。一昨年、AFTER HOURSにハマり、「あのサマーハイを書いたバンドは、こんなにも素敵なアルバムを作るようになっていたのか」と感動。そして今、年の瀬に今…

The Jesus and Mary Chain/Umeda Akaso 2016.02.25

行って参りました、ジーザス・アンド・メリー・チェイン。 仕事終わりにソロで行って参りました。 意外というか、やはりというか、ソロで来ている似たような男達がけっこういました。 (仕事終わりが間に合わず、演奏開始後、おそらく15分くらいから観てまし…

You can talk to me/The Seahorses

シーホーセズが最後に放った名曲であります。この曲が大好きで、ライブ音源を聴きたくて仕方ないのですが発見することができません。この映像は多分、イギリスのテレビ番組ですね。歌メロに沿うようなジョンのギタープレイは、ファーストの頃っぽくて本当に…

Manhattan Cowboy/Susan Cagle 和訳

Summertime where the sun goes down in the city, & the people park their cars The postman's sweet and the girls look pretty, as their lining up for bars 日が沈んでく夏の街、人々は車を停める 配達人は親切で、少女たちは愛らしくて、バーは開店準…

サマー・ハイ/シャムキャッツ(2011)

空に唄えば シャムキャッツというバンドの2ndシングルですね。発売した時分に、どこかのブログで知って買いました。 この曲を知ってから、「サマー・ソルジャー」を知ったので僕が言ってもなんとも言えない感じですけど、間違いなく「サマー・ソルジャー」の…

Noel Gallagher’s High Flying Birds フェスティバルホール 04.07

ノエル・ギャラガーのソロ・プロジェクト「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」の来日公演に行きました。大阪フェスティバルホールは初めて行きましたが、美しい劇場だと思います。でもこの会場、あまりロックとかそういうのには向いてないよ…

Dreams/The Cranberries(1993)

最近この曲をしょっちゅう聴いているんだが、ピアノで弾くとこれまた素晴らしいのだな・・・。 フェイ・ウォンのカバー「夢中人」を原曲以上に聴いていると思う。

Chasing Yesterday / Noel Gallagher's High Flying Birdsについて

来年2月にリリースされる、 Noel Gallagher's High Flying Birdsの2ndアルバム「Chasing Yesterday」のデラックス・エディションですが・・・ これのトラックナンバー12「Revolution Song」って、・・・ あの名曲の完成版がついにリリースされるのか!? ブ…

Everything With You/The Pains Of Being Pure At Heart(2009)

Start off sometimes, now it's our time Are you with me, are you with me? Strange teenager, waiting for death at 19 Are you with me, are you with me? たまには駆け出そうよ そうさ今は僕らの時間なんだよ 僕と一緒に来てくれる? 僕と一緒にいてく…

Summer Babe (Winter Version)/Pavement (1992)

名前だけ知っていて音源を聴いたことの無いバンドというものが恥ずかしいながら多数存在し、Pavementもそういったバンドのひとつであった。 ようやく最近聴きはじめ、夏の気だるさをそのまま音にしたようなこの素晴らしい曲にハマッている。 タイトルからし…

サマー・ソルジャー/サニーデイ・サービス(1996)

暑さにまかせ ふたりは街へ出た いつも通り恋に敗れた僕は夢中で「サマー・ソルジャー」を聴いている。 もうコレを聴くしかない。聴くしかないのです。 「こういう瞬間が永遠だったらいいなという曲。人生讃歌です。」と曽我部恵一は語っているそうだが、ま…

ポール卿、再来日!!!!!!

なんとポール・マッカートニーが再来日。 先日、会社のそばで号外が配られており、それで知った。 帰宅後すぐに先行抽選申し込みました。大阪公演ね。さあ、果たして・・・ 頼むから当選してくれ、頼むわ。 当選したら5月24日まで生きる理由ができるわ。 Got…

サー・ポール・マッカートニー

11月11日のポール・マッカートニー来日公演、大阪会場のチケット当選した。 こんなに良いことがあるのなら、人生に絶望するのはまだはやいと感じた。 Let it be.

8月11日のサマソニに行くべきかいまだに迷っている件

タイトル通りだ。 8月11日のサマーソニックフェスティバルの大阪公演に行くかどうか、ひたすら悩んでいる。 正直に言うと、サマソニに行きたいわけではない。ただ単に、ただひたすらにストーンローゼズが観たい。去年みたいにフジロックに行かなかったことを…

Daydream Believer/The Monkees

Oh, I could hide 'neath the wings Of the bluebird as she sings. The six o'clock alarm would never ring. But it rings and I rise,Wipe the sleep out of my eyes. My shavin' razor's cold and it stings. ああ、彼女みたいに唄ってくれる 青い鳥の翼…

MTV Unplugged(1996)/Oasis

ノエルオタ必聴 本日は久しぶりに真面目に音楽の感想を書こうと思う。帰り道で久しぶりに聴いたMTV Unpluggedでのノエルの「Cast No Shadow」があまりにも素晴らしかったから。

Beady EyeのWonderwall

オリンピックの閉会式、がんばって見た。何としてもWonderwallを聴こうと思って。無事Wonderwall聴いて、もう限界っちゅう感じで寝ました。 さて、Beady Eyeになってから初のWonderwall(初ですよね?)。アレンジして唄うと聞いてたから、もっと大胆に伴奏…

The Stone Roses 2012年のギグ、プロショット

見た。ジョン・スクワイアのギターは1番上手かったころに比べたら少しブランクを感じる?2nd以降の弾きまくりなのも好きですけど、なんとなく今の感じの方が好きですね。さりげなく弾くフレーズがかっこいいで。しかしやっぱり1stの頃のライブでのギターが1…

ギタリスト karimono氏

皆様は、karimonoという名前で主にネット上で活動(同人活動)していたギタリストをご存知でしょうか。僕もそんなに詳しくは知らないのですけれど。ていうか僕が知ったのはkarimono氏が活動を休止してからなんですけど。彼は様々なエロゲやギャルゲのBGMなど…

Beady Eye at Parr Hall, Warrington on June 28, 2012

Beady Eyeが今年1発目のギグ(イギリスのウォリントンとかいうとこ)でオアシスの曲を2曲プレイした模様。「モーニンググローリー」と「ロックンロールスター」。2012年からオアシスの曲を演るとは言ってたものの、ちょっとびっくりした。オアシスの曲は演奏…

かように美しい曲が存在したとは

ワイは震えた 昨日見た映画「ミラーズ・クロッシング」のテーマ。素晴らしい美しさだ。映画もけっこうおもしろかったが、とにかくこの曲がヤバい。サントラ買う。

今年のフジロックフェスティバルだけは全身全霊をかけて行きたい

行けるのか? どうしてもストーン・ローゼズを見たいから。それだけなんですけど。 そもそもフェスとかライブの雰囲気はあまり好きではない。むしろ苦手かもしれん。いやもちろん好きな部分もあるけど。フェスの雰囲気がそんなに得意ではないっていうのは去…

Earls Court,1st night 1995.11.04/Oasis

この声はやばい 1995年、アールズコートでの公演の1日目はオアシスの数々のライブパフォーマンスの中でも特に素晴らしいものの1つだ。とにかくリアムの歌いっぷりがぶっ飛びだ。しかしこの日のギグはサウンドボード音源のブートが存在するにも関わらず音質は…

個人的「Don't look back in anger」10選

「Don't look back in anger」のライブ音源で特に気に入ってるものを紹介するだけの記事。 録音状態は基本的にサウンドボードで特に良質なもの。 ①Earls court,1995 2日目の音源が音質良し。初日もサウンドボードありますがかなり音悪いです。バンドサウンド…

Somewhere Soon/The High

きっと、空のサリー・シナモンも気に入るさ 初期も初期、ストーン・ローゼズのメンバーだったアンディ・カズンズとか言うギタリスト、ボーカリストがローゼズを辞めてから作ったバンドの模様・・。アルバムはというと、ストーン・ローゼズの1stをもっと普通…

BAGLIM/Oasis

イッツ・オールアラウンドザワールド オアシスの3rdアルバム「Be here now」の頃のツアーから1997年マンチェスター、G-MEXでのギグを収録したブートレグである。セットリストは2ndと3rdの良いとこどり+1stちょっぴりて感じ・・。 個人的にだが、オアシスの…

コイノシルシ/神のみぞ知り隊etc.

恋!!!!!! 最近、友人のiPodでこの曲を聴きましてね。ハマってしまいました。今さらですけど・・。人々にちょっと遅れてますけど・・。この曲が良すぎてアニメ見始めましたがアニメおもろいです、すごく。 漫画は2巻くらいまで読んだことあって、まあそ…

ノエル・ギャラガー、5月の来日

1月の公演は実に素晴らしかった。だからとにかく楽しみにしている。 けど正直なところセットリストはちょっとは変えてきて欲しい。観に行った日本公演だけでなくさんざんブートやウェブキャスト放送やらyoutubeやらで見まくったから。セットリスト諳んじてた…

「モーニング・グローリー」と「マスタープラン」のライナーノーツはゴミ

増井修という男が書いたオアシスの「モーニング・グローリー」と「マスタープラン」のライナーノーツがまじでいひどい。今日久しぶりに見てたら改めて思った。相変わらずひどかった。 人類はここまで愚かな文章を書けるのかってくらいひどい。ライナーノーツ…

Guns N' Rosesのロックの殿堂入りについて

えーまずは、おめでとうございます。ガンズのライブは1度行ったことがあり素晴らしかったです。2009年くらいの来日で、当然オリジナルメンバーはアクセルだけでしたけど。 ただロックの殿堂の式典のコンサートでオリジナルメンバーでのパフォーマンスがある…

The Bends/Radiohead

体育座りで膝を抱えろ いやもう、僕レディオヘッドの事はほとんど何も知らないんですけど。別段好きなわけでもないんですけども。「OK コンピューター」とか「キッド A」もロクに聴いたことないんですけど。このアルバムだけは大好きで。本当に素晴らしい作…

ユグドラシル/BUMP OF CHICKEN

部屋を暗くして聴け バンプオブチキンの4thアルバムで、藤原基央の書く曲はやはり特別だということを確信できる1枚・・。「車輪の唄」みたいな曲を書ける歌えるロックバンドてのはとても貴重ではありませんか? 「ジュピターの方がいいよねー」なんて思いな…

O2 Arena,London 2012.02.26/Noel Gallagher's High Flying Birds

良い感じだ 今更ながら2月26日のロンドン公演のサウンドボード音源が手に入った・・。 年明けしばらくしてから始まったアリーナツアーではコーラス隊が追加されてて、サウンドがいつもよりゴージャスな感じに。各公演場所の地元のコーラス隊を雇っているらし…

名前をつけてやる/スピッツ

魔女が残していった魔力 このアルバムには魔力がある。1度聴き始めるとアルバムの最後まで聴いてしまう、惹きつけられる、そんな魔力だ。いや何も絶対ではないですよ?用事とかで途中で切ったりすることはそりゃありますよ? しかしこのアルバムは本当に素晴…

jupiter/BUMP OF CHICKEN

木星まで、ひとっ飛び 「Stage of the ground」で幕を開ける傑作3rd!! 捨て曲など存在しない、藤原基央の才能が爆発した1枚だ。 なんといっても白眉はやはり「天体観測」だろう。8本のギターを重ねたというイントロはパワフルで存在感抜群で一度聴けば確実…

ピンク・フロイドの2011年リマスター盤

ショウは決行されなければならないんだね? ピンク・フロイドの2011リマスター盤が期間限定で安く販売されるらしいんで買った。とりあえず「炎」と「ザ・ウォール」を買った。ピンク・フロイドの音源を唯一いじくりまわしていいと許可されているエンジニアに…

透明なのか黒なのか/赤い公園

バイト先の店内放送で流れていて気になりましたのでね、さっそくレンタルして聴いたったんですわ。2010年に結成されたガールズバンドらしいですね。これは5曲で20分強のミニアルバムか。 正直よくわからんけど、少し不気味で少しパワフルで少し不思議でゴリ…

Automatic/The Jesus and Mary Chain

ジーザス&メリーチェインの3rdアルバムですよね。2ndに引き続きドラムマシンが大活躍です、ええ。2ndよりはるかに大暴れしてます。 アラン・マッギーは唯一ジーザス&メリーチェインのオリジナルアルバムでこれだけが嫌いらしく、そんなに評判も良くないの…

Stop The Clocks/Oasis

何を今更このアルバムの感想を・・と思われそうですが、それを言い出せばほぼ全てのレコードがそうですからね。 言わずもがな、オアシスのベストアルバムだあ。 ノエルがドリームアルバムと言うように、まさしく夢のようなアルバムですね。曲の流れもライブ…

ピンク・フロイドのCDについて

最近なぜか、久しぶりにピンク・フロイドが聴きたくて仕方ない。けどCDは1枚も持っていない。 そういえば2011年にリマスターが出ていたと思ってちょっと調べるとまたこの3月に同じリマスター盤が期間限定で少し安い値段で発売されるらしい。よくわからんけど…

LOSE YOUR MIND/NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS

1月に見に行ったノエルの来日公演のブートを買った。17日の方だ。2枚組みですよ。 内容紹介の文章でもうこれでもかってくらい音質の良さをアピールしてたんで思わず買ってしまった次第です。オーディエンスながらサウンドボード以上の驚愕の内容ですって言っ…

What Did You Expect From The Vaccines?/The Vaccines

2011年の注目アルバムだったんでなんか今更感ありまくりだが、 今日ライブ行くことにしたんで急遽感想書いてみました なんっちゅーかジーザス&メリーチェイン風と、そう書かれてることが多いようだ。 いやもうね、このアルバムは確かに良いですよ。捨て曲っ…

Paul Warrenというギタリストについて

皆様は2002年のグラストンベリーフェスティバルのロッド・スチュワートの「Sailing」のパフォーマンスをご覧になったことはありますでしょうか? 私は正直なところ、ロッド・スチュワートの楽曲なんてセイリングしか知りません。バラードセレクションみたい…

The La's/The La's

La's (Dlx) アーティスト: La's 出版社/メーカー: Ume Imports 発売日: 2008/10/07 メディア: CD クリック: 2回 この商品を含むブログ (3件) を見る これまた歴史に残る名盤・・。曲が良いのは言わずもがな、歪んだギターの音やさりげないフレーズがかなりか…

Christmas Lights/Coldplay

Christmas nightAnother fightTears we cried, a floodGot all kinds of poison inOf poison in my bloodクリスマスの夜僕は戦わないと僕らの流した涙が溢れ出す僕の血の中にありとあらゆる毒が流れ込むI took my feet to Oxford StreetTried to right a wro…

The Stone Roses/The Stone Roses

Stone Roses: 20th Anniversary Remastered Edition アーティスト: Stone Roses 出版社/メーカー: Sony Legacy 発売日: 2009/09/15 メディア: CD クリック: 29回 この商品を含むブログ (28件) を見る もう、なんというか私が何か言うまでも無い奇跡のレコー…

Ticket to ride/The Beatles

I think I'm gonna be sad I think it's today, yea The girl who likes driving me mad Is going away. ほんとに悲しいよ たしか今日だったと思うんだ 僕の大好きなあの子が 遠くへ行ってしまう日は She's got a ticket to ride She's got a ticket to ride…